乳癌の闘病記です,一言で良いですコメント、よろしくね


by yuki_yukimin

何故?

d0098762_17441026.jpg

2週間ほど前から、落ち込んでいる。
毎日、片時も病気の事が頭から離れない。
再発、転移、何故こんな毎日怯えながら生きていなくてはいけないのだろう。
何をしても楽しいと感じられず、仕事にも行きたく無い、唯一の家事分担の夕飯を作る事さえおっくうだ。
出来る事なら、何処にも行かず、何もせず、布団をかぶって、眠れるものなら眠っていたい。

何故こんな思いまでして生きて居なくてはいけないの、未来には苦しみしか見えない。
車を運転していてふっと、今ハンドルを切り損ねて電柱にぶつかったら、仕事をしながらふっと、今このビルから落ちたらもう何の苦しみもなくなるのに・・・そんな事ばかりが頭をかすめる。

今日病院の心療内科へ行ってきた、次回の診察は9月7日の予定だったが、とてもこんな気持で待ってはいられなかった。

「とにかく一番早くに診察して貰えるのは何時ですか?」・・・そう言って予約を取り直した。

主治医を前にして今の気持を吐き出す、涙が出そうになるのをこらえながら、全てを話す、助けて、助けてください。

主治医 「鬱の状態ですね」

今まで食事の取れない私に処方されていたのは、抗鬱作用もある胃腸薬と精神安定剤だ。
気持が落ち込んで仕方が無い時は何度と無くあったが、はっきり鬱と診断されたのは今日が初めてだった。

主治医 「エネルギーが足りない時に、前向きに生きようと焦ると余計に逆効果、2週間ほど仕事は休んで、家で休養を取るのが一番です、診断書が必要なら直ぐに用意出来ますよ」

今月始めたばかりの仕事・・・2週間も休みは取れるの?診断書には何と書かれるの?
迷ったが、今の状態で仕事を続ける事は、不可能だ・・・

私 「診断書には何と書かれるのですか?」

主治医 「今の会社の方は、病気の事はご存知なのですか?」

私 「いいえ、話していません」

主治医 「診断書には病気の原因も書かれます、でもこれからの事を考えたら、はっきり会社の方には病気の話をされた方が良いのでは?」

私 「分かりました、お願いします」

診断書には「抑うつを伴う適応障害」と書かれていた。
附記として昨年、乳癌と告知された前後から不眠、気分不安定など生じ、当科紹介受診・・・8月頃より抑うつ気分の持続、気力低下などを認めた、上記の憎悪と考えられた上、自宅療養を要する。

この診断書を提出したら、今の仕事は2週間の休みどころか、もう続けられないだろう。
抗鬱剤も処方されたが、即効性は無いらしい1,2週間をかけて薬が効いてくる。
その間、この気持のままいなくては、いけないの・・・
仕事はどうしたら良いの・・・

診断書を目の前にして、只呆然としている。
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-08-24 18:31 | 鬱の事