乳癌の闘病記です,一言で良いですコメント、よろしくね


by yuki_yukimin

<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

FECラストだ!!!

d0098762_19533675.jpg

明日30日はとうとう化学療法ラストです。
思えば昨年11月16日、腫瘍内科の初診で化学療法を薦められ、迷う暇も無く主人に押し切られ化学療法決定!
最初の治療は入院となるが、そこから3週間何の音沙汰も無く、待ちぼうけ、その間どれだけ悩み苦しんだことか・・・
d0098762_2085143.gif疑心暗鬼のまま臨んだ初の治療は12月8日、副作用のあまりの苦しさに七転八倒、夜中まで吐き続けた。

2回、3回と続く治療、乗り切るコツを掴む為に色々試してみた、、少しは楽に乗り切れるようになった、それでも、ふっとした心の隙をついて、樹海に足を踏み入れる。

この治療は本当に私にとって必要な物なの?
本当のことを言うと、この答は出なかった。

樹海に足を踏み入れ凹む度に、ここで愚痴り続けた、何度凹んでも必ず励ましてくれる仲間達がいてくれた、答の出せないまま、それでもここまでやって来れたのは、そんなヘタレな私を励まし続けてくれた皆さんのおかげです。

ありがとうございました。d0098762_2091221.gif
やっと、ここまで辿り着くことが出来ました、今は只迷うことも無く明日を迎えるのみです。

苦しかった4ヶ月よさらば、頑張って行ってきま~す!
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-03-29 20:25 | 化学療法について

再び川崎LAZONA

d0098762_2314462.jpg

実は30日にラストの化学療法が終わったら夫からご褒美をもらえる約束だったんだけど、考えてみたら、化療後、買い物が楽しめる位まで体力が回復するのには随分時間が掛かるということに気が付いてしまった。d0098762_23165580.gif
私がご褒美に欲しいのはスプリングコート、今年はドレスコートが流行っている。
でも化療終えて、さぁ買い物に行こう!っていったい何時になるのか分からない!!!
それでなくても、この陽気、スプリングコートは今すぐに欲しい、欲しいったら欲しい!
そこで夫にご褒美の前倒しをお願い。
「スプリングコートさえ買ってもらえれば、ラストの化学療法、頑張れるのに・・・」の一言で、ご褒美前倒し決定♪ふっふっふ・・・d0098762_23244112.gif
コートはリボンが可愛い、ハイウエストで足長効果が期待できる優れものをゲット、嬉しいな♪明日の出勤からありがたく使わせて頂きます。

お昼は先週も行ったけど、ローストチキンがどうしても食べたくて、再び「Tasty Thai Dining ティーヌン」へ、今回は食べる前にちゃんと写真取りました。
d0098762_23292794.jpg

さて、ご褒美も貰ったことだし、後には引けないよ、ラスト30日頑張ります!
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-03-25 23:35 | お出かけ

歯が痛い・・・

d0098762_1142856.jpg

1週間程前から、夜になると右の奥歯が痛む。
昼間は不思議と痛まない、家に帰って、夕飯を食べて、さてノンビリテレビでも見ようかと思うと、ズキズキ痛み出す。
ピークは寝る前、布団に入ると、痛くて寝ていられない、仕方なく以前、術後に傷が痛んだ時のために貰った、痛み止めを飲む。
そんな事を続けて、なんとかごまかしながら過ごして居たんだけど、木曜日になって痛みは我慢できないほどになった。d0098762_1113989.gif
痛み止めを飲んでも、1,2時間もすると、また痛み出す、仕方なく痛み止めをまた飲んで寝てしまおうと布団に入る、夜中にまた歯が痛くて目が覚める、また痛み止めを飲んで寝る、痛くて中々眠れない、ウツラウツラしながら、歯医者に行く夢を見ていた。

そして金曜日の朝、既に朝からズキズキ痛む、右耳まで痛い休むわけにもいかずに、仕事に行ったが、痛くて仕事にならない・・・
歯医者に行かなくては・・・でも歯医者に掛かっても大丈夫なの???

そこで病院へ電話をかけ、腫瘍内科につないでもらう、馴染の看護婦さんが出てくれた。

私 「歯が痛くて、歯医者さんに行きたいんですけど、大丈夫ですか?」

看護婦さん 「チョット待ってて下さいね、今先生に確認しますから」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

看護婦さん 「お待たせしました、歯医者での治療構わないそうですが、一応先生に治療中だと言うことを伝えて下さいとのことです」

私 「ありがとうございました」

ヤッパリ言わなくっちゃいけないのかぁ・・・チョット気が重い。

確かいつも行っている歯医者の受付は7時までだったなと思い出し、上司にどうしても歯が痛くて仕方がありませんと30分の早退をお願いしてい、つもの歯医者に予約の電話、一杯だという所に無理やり予約を入れてもらい、6時半に歯医者に到着。

間もなく、名前が呼ばれる

Dr 「○○さん、こんばんわ、どうぞこちらにお掛けください」

歯医者の治療用の椅子に腰を掛け、先生が横に来たのを見計らって、小声で

私 「実は昨年の11月に乳癌の手術をして、現在抗癌剤の治療中なんですが」

Dr 「えっつ、そうなんですか・・・4ヶ月はたっていますね、治療は何をされていますか?」

私 「EFCです」

Dr 「そうですか、では一先ず痛む場所を見せてください」

痛みの原因は右奥に最後に残っていた親知らずだった

Dr 「抜かなくっちゃいけないなぁ、でも病院の方に確認を取らないと」

私 「病院へは確認済みです、現在の治療経過を一応話せば治療は構わないそうです、抜いちゃって下さい」

Dr 「治療と抜歯は違うからなぁ、抜歯するとなると抗生物質に痛み止めも処方しなくてはいけないし、予後も気になる、一先ず今日は、神経の処置をして痛みを止めますから、抜歯の方は、内科の先生に確認を取ってください、それからにしましょう」

結局、親知らずの神経を抜いて貰い、それ以上の治療は後日となった。

シミジミ、面倒くさいなぁと思った、これから何をするにも必ず病気が付いてまわる、いったいいつまでこんな事が続くのだろうか、仕方がない事だとは分かっている、病気は私の一部なのだから。

来週の金曜日はとうとう最後の化療の日だ、その時に先生に抜歯のことは聞いてみよう、乳癌とはこれから長い付き合い、どうぞヨロシクなんて言いたくないけど、仲良くしていかなくっちゃね。
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-03-24 12:12 | その他のこと

川崎LAZONA

d0098762_13175186.jpg

ご無沙汰しております、最近は仕事が忙しく、昼休みに皆さんのブログに遊びに行ってはいるのですが、コメントを残すまでの時間は無く、残業して家に帰ってきても既に余力も無く、ご飯食べて寝るだけの生活を繰り返しております。
しかし自営業の夫は私に輪を掛けて忙しく、先月辺りから殆ど土日も無休で働いております、ありあがたやありがたや。
そんな夫が久しぶりに昨日は休みでした、久しぶりの休みなんだから家でノンビリ過ごせば良いのにと思うのですが、なんせジッとしていられない性分、前日の金曜の夜から「明日はどっかに遊びに行こうね」と釘を刺されておりました。
私としては残業続きの疲れを払拭するべく家でゴロゴロが希望だったのですが、仕方がないどこか近場でお茶を濁すか・・・と考え付いたのが川崎のLAZONA、仕事場から近いのでお昼ご飯を買いに行ったり毎日の様に足を運んでいるのですが、どんな造りで、どんなお店が入っているのか全然知らない、灯台下暗しとはこの事だと、行き先決定!何と言ってもJRなら一駅、車で行っても20分と言う立地条件が今回のセレクトの要!

そこで行って来ました、LAZONA川崎、造りは豊洲のララポートに似ているかな?思った以上に興味のありそうな店舗がずら~り、驚いてしまった。
少し早めのお昼にして、本当は柿安 三尺三寸箸に行きたかったんだけど11時半で既に40分待ちの行列、仕方が無く他の店を物色していて、結局入ったのがタイ料理の「Tasty Thai Dining ティーヌン」と言うお店、ところがこれが大当たり、何を食べても美味しいの、生春巻きに、青パパイヤのサラダ、海老のカレーにチキンのグリル、どれをとっても満点!(写真が一枚も無くってスミマセン、食べるのに夢中でした)久しぶりに美味しいものを食べたとシミジミ満足。

その後Loftを見たいという夫と別行動、ウィンドショッピングに精を出していたところ、とあるお店で店員さんに捕まっちゃて、試着室で着せ替え人形状態、それはそれで楽しいんだけど、春者のミニワンピに、トレンチ型のドレスコートに靴にアクセにマフラーまで「このままお出かけ出来ますね」の店員さんの言葉に納得しつつも、買う気は毛頭無い(実際に禿げてます)、今日は只のウィンドショッピング、こうなっちゃうと断るのって、難しいよね、でもそのお店、どの洋服も可愛いんだけど、とっても高いの、ワンピだけで3万以上じゃねぇ、って言うことで散々着せ替えを楽しんだ後、逃げるように店を出てきました。
そこで再び夫と合流して前から食べて見たかった「Cold Stone Creamery」でアイスクリームを一つ買って夫と仲良く分け合って食べました。
全工程4時間、3時過ぎには帰宅してお昼寝までして、丁度良いお出かけでした。
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-03-18 14:18 | お出かけ

子供の心

d0098762_22315824.jpg

先日、私がリビングのソファーでゴロっとしてる時、チビが台所で洗い物をしているパパにコッソリ「ママの病気って治らないの?」と聞くのが聞こえた、パパが「心配ないよママの病気は治るから」その答を聞くと安心したのか私の側に座ってテレビを見始めた。

チビは兄ちゃんとは年の離れている為か、大人の手が余って育てたかなりの甘えん坊だ、自分の部屋があるにも関わらず、未だに和室で夫と私の間に挟まれて文字通り川の字になって眠る。
夜「寒いよ~」と言うので、ふざけて「ママのお布団に来る?」って言ったら大喜びで入って来て、冷たい足をペッタリ押し付けてくる、小学校5年生にもなってと思いつつ、まんざら嫌でもない私、ギュって久しぶりに抱っこした。

私は子供を抱っこするのが大好き、時々膝の上に座らせてギュって抱きしめる、でも考えてみたら病気が分かってから、自分の事にばかり気を取られて、抱っこをするのを忘れていた。

チビは抱っこされたまま嬉しそうに学校での出来事を話し始めた、一通りチビの話が終わった後「さっきパパとママの病気の話ししてたけど、どうしたの?」と聞いてみた。

それまでチビは私の病気に関して無関心だった、というか、私の病気の心配を体中で表現してくれるのはパパだけで、どちらかと言うと、兄ちゃんも含めて手伝ってはくれるが、病気自体は心配してないのか、無関心なのかよく分からない、まだ小さいしそんな物だろうと思っていた。

「今日ね、学校で大造じいさんとガンって言うお話を習ったんだけど、クラスの子が「俺知ってるよ、癌って治らない病気なんだぜ~」って言ったから」・・・

もちろん大造じいさんとガンの「ガン」は「癌」では無く、鳥の「ガン」のお話だ、そんなクラスメイトのたわいも無い一言に、チビは心を痛めていた。
「パパは大丈夫だって言ったでしょ、ママの病気は治る病気で,ママはその為にちゃんと病院へ行ってるんだから,心配なんて全然ないよ」そう言うとチビは嬉しそうに「パパもそう言ってたよ」と言った。

暫くして「もう身体も温かくなったから自分のお布団に戻りなさい」と言うと「嫌だ、今日はここで寝るんだもん」と離れない。
心細かったんだね、ごめんね、こんな病気になっちゃって。
ごめんね、心配掛けて・・・ママは絶対に病気なんかに負けないから。

ちなみに兄ちゃんに「ママの5年後の生存率って知りたい?」とふざけて聞くと「絶対に聞きたくない」と答える、子供の心を弄ぶ鬼母それは私です。

この子達の為にも、癌になんか負けていられません!、だってパラサイトになりそうなんだもん、2人とも母が面倒見なけりゃ誰が見るこの馬鹿息子達。
私の大事な大事な馬鹿息子達。
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-03-11 23:13 | 家族について

決心しました

d0098762_12464759.jpg

お騒がせ致しました、樹海からは既に抜け出してはいたのですが、怒涛の残業で皆様からのコメントに返信すら出来無い状態が続いており、昼休みも返上で、サンドイッチ片手に仕事しております。
数々の暖かいコメント、励ましのお言葉本当にありがとうございました。
私は甘えていました、後1回、見事に乗り切って見せます!そう決心した時の夫の喜び様、それだけでも、受ける価値有りです。
コメントの返信は週末にゆっくりと書かせて頂きます。

ちなみに今回の写真は、とある朝、腹黒い猫のレンがあろうことか我が家の大黒柱である、ご主人様(夫)の上で、お休みになられていたところです。
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-03-09 12:56 | 病気について

樹海

d0098762_1413812.jpg

またまた、樹海に足を踏み入れてしまいました。
今回も化学療法についてです・・・
3月2日に5回目のFECを終え、残す所3月23日に後1回、今月だけ我慢すれば、終わるんだ、私の今年の暦から3月は抹消、最初から無かった事にして、ひたすら耐えしのぎ、この険しかった道を乗り越えるんだぁぁぁぁぁ~と心に決め頑張って来た。

樹海にはまったきっかけはつまらない事、3月23日は主治医が学会出席の為に、化療が1週間伸びるとの事・・・
平日に、そんなに休みの取れない私の次回は3月の30日に決まった。
FEC後は1週間はタップリ具合が悪い、それを加味しても、23日に最後の化学療法を終えれば、とにかく3月さえ乗り切れば全てが終わると信じていたのに・・・
儚い期待は露と消え、なんだか割り切れなさだけが虚しく心に響く。

前回ノイトロジンの為に来院したとき、たまたま珍しく主治医が暇で話をする機会があった、その時に、何故私の治療がEC4クールでなくFEC6クールなのか聞いてみた、私と殆ど変わらない病理結果の方々は、大抵がEC4クールか、もしくはホルモン療法のみだ。
先生の話では、結局は二つを比べてのエビデンス(臨床結果)は存在せず、この病院の方針で、この仲間に入る人は皆この治療法というくくりで、抵触している限り決まっているそうだ。
そして私はまた樹海に足を踏み入れてしまった・・・・・・・

こんな辛い思いをして、後1回本当にFECを受ける事が私にとって、良い事とはどうしても今思えない、そう思うのはまだ、体調が回復しきれていないから?、ただ、弱気になっているだけ?それでなくても気の小さな私が最後の治療を受けなかったら、それ自体を何年も悔やむのでは・・・
私はまたこの疑問に答えを見つけなくてはならない。
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-03-06 14:46 | 化学療法について

明日はCEF5回目

d0098762_22494487.jpg

明日はとうとう5回目の化学療法の日だ、しかし、私は今月の初めからものすご~く気に掛かることがあって、明日の治療の事が考えられなかった。

実は今月の初め、Mrオクレの術後3ヶ月目の診察日に、右胸に6ミリのしこりを発見、なんとなく、ぶつかったりすると痛みを感じていたので気にはなっていたのだ。
エコーの予約が2月20日、そんな両胸が癌なんて事は無いだろう、検査もエコーだけで「心配ありませんよ、大丈夫です」と言われると、楽観的に考えていたのだが、エコーの診断後、急遽、28日に細胞診、3月1日に結果を聞くための診察とあっという間に予定が決まった。

今週は水曜日から病院へ通い詰め、やはり気になって仕方がない、今更、癌だといわれても既に癌なんだし、そんなに気にすることは無いと自分に言い聞かせても、やはり不安で仕方が無い、相変わらずヘタレの私。

昨日の細胞診の検査はしこり自体が小さいこともあり、エコーをあてながらの検査だった、失敗したのも入れると全部で4回針を刺した、痛みに鈍感な私にもかなり痛かったが、じっと我慢でなすがまま、それでも1時間以上かかった。

そして迎えた今日、心配で1人で行かせられないと言う夫と一緒に行って来ました、検査結果を聞きに、結果は良性でしたぁ♪~
呼ばれて部屋に入るなり、Mrオクレの「心配ないですよ」の声がどんなに頼もしく嬉しく聞こえたことか。d0098762_23127100.gif

そんなことで明日の5回目の化学療法まで、気が回らず今日という日を迎えた私、不思議と心は穏やか(散々心配したからね)右胸まで乳がんですと宣告されたらと考え続けた約1ヶ月、それに比べたら、明日の化学療法なんて、一過性の吐き気を我慢すれば済む!
明鏡止水・・・今の心境、明日も頑張ります!
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-03-01 23:30 | 病気について