「ほっ」と。キャンペーン

乳癌の闘病記です,一言で良いですコメント、よろしくね


by yuki_yukimin

カテゴリ:化学療法について( 17 )

d0098762_133138.jpg

先日、お風呂上りに鏡を見たら、なんと睫が復活している!まだ、まばらだし短くってあまり目立たないけど、翌日から、早速ビューラーとマスカラを使った♪
眉毛も、大分濃くなってきて、やっと麻呂顔から抜け出せた、こちらも久しぶりに、形を整えた♪

今朝、以前は大好きだったのに、化学療法が始まってから全然飲みたくなくなった、コーヒーが、何だか飲みたくなって、入れてみた。
う~ん、良い香りが部屋中に漂う、とっても美味しく飲めた♪

髪はまだ、高校球児まではいかないけど、主人には「立派な坊主頭になった」と言われた、もう禿じゃないよ♪

小さなことだけど、嬉しいことがたくさん、この調子で頑張って行こう!
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-05-19 13:14 | 化学療法について

化学療法お会計

d0098762_22414132.jpg

4月12日で最後のノイトロジンも終わり、これで化学療法全て終了となりました。

【FEC】
1.カイトリル注+デカドロン注+生食注 50ml 吐き気予防 
2.ファルモルビシン注 140mg+生食注 50ml 抗癌剤 
3.エンドキサン注 720mg+5%ブドウ糖注 250ml 抗癌剤 
4・5-FU注 700mg+生食注 50ml 抗癌剤 
5.生理食塩液 50ml 点滴回路の洗い流し 

1回目 12月7日 
入院にて治療       61,670円
ノイトロジン × 3回  13,230円

2回目 12月27日
入院にて治療       51,290円
ノイトロジン × 3回  12,600円


3回目 1月19日
化学療法         34,210円
ノイトロジン × 3回  12,390円
薬代             3,710円 
 

4回目 2月9日
化学療法         34,000円
ノイトロジン × 3回  12,600円
薬代             4,580円 

5回目 3月2日
化学療法         24,280円
ノイトロジン × 3回  12,390円
薬代(含診療内科)    6,830円

6回目 3月30日
化学療法         22,860円
ノイトロジン × 3回  12,390円
薬代(含診療内科)    6,650円

合計           325,680円
d0098762_22271337.gif
ヅラ代を含めたら、約55万円の出費なり、家族揃ってハワイに行かれたね。

そして人体の神秘、化学療法の最中はたとえ4週間空いたとしても、まるっきり生えて来なかった髪の毛が、終わった途端に芽吹いてきましたぁ。
約3週間目の現在、パンに生えたアオカビのごとしです、でも嬉しい♪d0098762_22311081.gif
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-04-18 22:44 | 化学療法について

FEC終了しました

d0098762_1612026.jpg

3月30日金曜日、最後の化学療法へ行って参りました、前日からの皆さんの暖かい励ましの言葉を胸に、最後の赤い点滴が私の身体に入っていくのを、じっと眺め続けました。

ラストの一滴が落ちるとき、涙が出るんだろうかなんて思っていたけど、やっと終わったんだという安心感より、これから来るであろう副作用のことで頭が一杯になり、感慨に耽る暇も無く帰宅、いつものデトックスを期待してのシャワー、禿げた頭を拭きながら、気持ちが悪くなる前に、もう一度、皆から元気を貰おうと、自分のブログを開けて、コメント読んでたら、フイに涙が出て来てしまった、何度も躓きそうになりながら、ここまでやっと来れたのは、この皆のおかげなんだとシミジミ思うと涙が止まらなかった、兄ちゃんが、見てみぬフリをしながら、部屋を出て行くと、余計に涙が止まらず、布団に潜って号泣した、気持ちが良かった、後何時間かで開放される、この苦しみから、やっと・・・
苦しい吐き気、ダルさ、抜け落ちていく髪の毛に泣いた日々、最後にはまつげも眉毛も無くなった。
やっと終わるんだ・・・

この治療を始める前に、腫瘍内科の先生に、ホルモン療法は長い治療期間になるので、化学療法を後回しにする事は考えられないが、本当の理由は化学療法が一番辛い治療だから、一番先にやるんだということを話していた、一緒に先生の話を聞いた夫もそれを覚えていたのだろ

「良く頑張ったね、もうこれ以上、辛くなる事は無いんだよ、毎日だんだん元気になるよ、本当に良く頑張ってくれたね」

と労いの言葉を掛けくれた。

最後が一番キツイと聞いていたけど、不思議とムカツキだけで吐き気は無かった、只余りのダルさに、地球の重力にあがなう事が出来ずに2日間ウツラウツラとしながら布団の中で過ごした。

昨日は天気も良く、大分気分がよくなった私に、夫が無理をしない程度にとランチに誘ってくれた。
世間は春真っ盛り、桜も既に満開を通り越しているようだ、そんな事にも気が付かなかった、無我夢中だった。

次の診察は4月20日、ホルモン療法と放射線治療についての説明がある、それまでには随分と体調も回復して、気持ちも落ち着いている事だろう。

久しぶりにベランダを覗いたら、ついこの間まで固い蕾だった、君子欄が見事に咲いていた、ベランダの花の水遣りも今ではチビの仕事、最近では殆ど、覗いて見入る事さえ忘れてた。

化学療法を終えて私の右腕には2本の静脈が炎症を起こした後が残った、これは消えないそうだ、半そで着たら目立つかな?でも今となっては、勲章かもしれない、最後まで治療を続けられた証だから。
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-04-02 16:41 | 化学療法について

FECラストだ!!!

d0098762_19533675.jpg

明日30日はとうとう化学療法ラストです。
思えば昨年11月16日、腫瘍内科の初診で化学療法を薦められ、迷う暇も無く主人に押し切られ化学療法決定!
最初の治療は入院となるが、そこから3週間何の音沙汰も無く、待ちぼうけ、その間どれだけ悩み苦しんだことか・・・
d0098762_2085143.gif疑心暗鬼のまま臨んだ初の治療は12月8日、副作用のあまりの苦しさに七転八倒、夜中まで吐き続けた。

2回、3回と続く治療、乗り切るコツを掴む為に色々試してみた、、少しは楽に乗り切れるようになった、それでも、ふっとした心の隙をついて、樹海に足を踏み入れる。

この治療は本当に私にとって必要な物なの?
本当のことを言うと、この答は出なかった。

樹海に足を踏み入れ凹む度に、ここで愚痴り続けた、何度凹んでも必ず励ましてくれる仲間達がいてくれた、答の出せないまま、それでもここまでやって来れたのは、そんなヘタレな私を励まし続けてくれた皆さんのおかげです。

ありがとうございました。d0098762_2091221.gif
やっと、ここまで辿り着くことが出来ました、今は只迷うことも無く明日を迎えるのみです。

苦しかった4ヶ月よさらば、頑張って行ってきま~す!
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-03-29 20:25 | 化学療法について

樹海

d0098762_1413812.jpg

またまた、樹海に足を踏み入れてしまいました。
今回も化学療法についてです・・・
3月2日に5回目のFECを終え、残す所3月23日に後1回、今月だけ我慢すれば、終わるんだ、私の今年の暦から3月は抹消、最初から無かった事にして、ひたすら耐えしのぎ、この険しかった道を乗り越えるんだぁぁぁぁぁ~と心に決め頑張って来た。

樹海にはまったきっかけはつまらない事、3月23日は主治医が学会出席の為に、化療が1週間伸びるとの事・・・
平日に、そんなに休みの取れない私の次回は3月の30日に決まった。
FEC後は1週間はタップリ具合が悪い、それを加味しても、23日に最後の化学療法を終えれば、とにかく3月さえ乗り切れば全てが終わると信じていたのに・・・
儚い期待は露と消え、なんだか割り切れなさだけが虚しく心に響く。

前回ノイトロジンの為に来院したとき、たまたま珍しく主治医が暇で話をする機会があった、その時に、何故私の治療がEC4クールでなくFEC6クールなのか聞いてみた、私と殆ど変わらない病理結果の方々は、大抵がEC4クールか、もしくはホルモン療法のみだ。
先生の話では、結局は二つを比べてのエビデンス(臨床結果)は存在せず、この病院の方針で、この仲間に入る人は皆この治療法というくくりで、抵触している限り決まっているそうだ。
そして私はまた樹海に足を踏み入れてしまった・・・・・・・

こんな辛い思いをして、後1回本当にFECを受ける事が私にとって、良い事とはどうしても今思えない、そう思うのはまだ、体調が回復しきれていないから?、ただ、弱気になっているだけ?それでなくても気の小さな私が最後の治療を受けなかったら、それ自体を何年も悔やむのでは・・・
私はまたこの疑問に答えを見つけなくてはならない。
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-03-06 14:46 | 化学療法について

化学療法後3日目

d0098762_12202021.jpg

3日経ちました、まだ胃のむかつき残っていますが、どうやら復活の兆しが見えてきました。
今回は治療後3連休、本当に助かります、前回でしたら、今日から出勤でした・・・。
最悪だった前回に比べ、比較的楽に過ごせたように思います、吐き気はありましたが嘔吐は一度も有りませんでした。
毎回同じ薬を使いながら、副作用に差が出るのは不思議な事ですが、今回新たなコツを掴んだと思われます。
食事を抜くのは、当然の事として前回の余りの副作用の酷さを2回目と比べたら、それは治療後のシャワーだったんです、それで今回は藁にも縋る思いで治療後まだ吐き気が襲って来る前に、とにかくシャワーを浴びて、まだ吐き気は無かったんだけど、病院から処方されていた、吐き気止めの座薬を入れて、ひたすら布団に包まり、決定的な瞬間を待っていたのですが、その決定的な瞬間が、今回も(2度目同様)訪れなかった・・・
コレってシャワーのデトックス効果?私にだけ効果有りかもしれないけど、シャワーの後にトイレに言ったら、あの赤い液が、殆ど身体に入れた状態の色で排泄されて驚いたの。
一つ失敗したのは、夜兄ちゃんが気を利かしてヴィ○ーinゼリー買って来てくれて吐き気もそんなに強くないしって、飲んでみたら、やっぱり急激な吐き気に襲われた、吐いたりはしなかったけど、結構辛かった、その後氷をなめて胃を落ち着かせて、乗り切りました。
副作用がだんだん、積み重なって行くんだなぁって言うのは、最近その当日の吐き気よりも翌日、翌々日に顕著に現れるような気がします。
とにかく、起きられない、布団に入ってテレビを見ているつもりが、いつの間にか、眠っている、昨日まで殆ど眠り続けていました。

私は元々、家系に癌患者が多く、多分自分もいつかはと言う思いがあって、どうして自分がこんなことになったんだろうなんて余り考えた事は無かったんだけど、今朝はシミジミなんで、こんな苦しい思いをいつまでもしなければ、いけないのだろうって、何だか泣きたくなってしまいました。

大好きで毎週行ってたサウナの夢を見ました、でもどうしても入れないの、今更ながら全摘にして、再建したほうが、人目を気にせず何でも出来たんじゃないのかとか、朝からくだらない事ばかり考えてしまいます。
これから先まだまだ、治療は続きます、転移や再発の心配しなくてはいけないのに、こんなことでグズグズ悩んでいる自分がとても嫌です。
取り返しが付かなくなった事なのか、まだ取り戻せる物なのか、無いものねだりの我侭なのか、
今日は答が出せません、多分答が出るのは随分と時間が掛かることでしょう、それまでこんな思いを引きずっていかなくてはいけないのかと・・・すみません凹みすぎです

治療は上手く行ってる!今回は前回よりも副作用jも軽かった!まだまだ頑張れます、弱音ばっかり言ってゴメンネ、同じ思い、もっと辛い思いをしている皆が居るのはよくわかっています、自分だけじゃない、ごめんね・・・。
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-02-12 13:03 | 化学療法について

やっと復活?

d0098762_1044429.jpg

FEC3クール目、舐めて掛かったら甘かった・・・
前回が、とても楽に済み、胃のむかつきはあったものの、吐くまでには一度も至らず、次の日には、自分でさっさとタクシー乗って退院、家に着いたら家事もこなせた。
おまけに、翌日は夫とお出かけ、ボルシチ食べて、フットセラピーまで、存分に楽しんでこられたのに・・・この違いはなんなんだ!摩訶不思議、抗がん剤・・・d0098762_10513212.gif
一回目は食事を取ってしまい、吐きつづけた、ゆえにいくらお馬鹿な私でも、ちゃんと学習して、2度目は昼、夜共に絶食、そしたら、吐かずに済んだ、吐かないから、むやみに体力を奪われることなく、次の日から、かなり快調だった、それなのに・・・あぁそれなのに・・・
d0098762_10563099.gif
今回も軽く乗り切れるつもりでいただけに、余計に辛かったのかもしれない。
当日は、先にDrの診察があるのを忘れていて、時間丁度にいったら、診察まで2時間半待ち、ここからして、暗雲が垂れ込めていたのかも知れない、予定では10時に始まるはずの、化療が始まったのは午後の1時になっていた、3時間弱の点滴の間、前回の教訓を生かして、水分補給も怠ず、セッセと水を飲む、終了後心療内科の受診もあり、家に着いたのは、既に5時を回っていた。

何だか、疲れて胃の調子も悪いし、コタツに横になると、あっという間に寝入ってしまい、目が覚めたら6時、急激な吐き気が襲ってきた、フラフラとおぼつかない足取りで、それでも精一杯急いでトイレに直行、吐いてしまった、でもひとつ言える事は、食べて吐くのと水だけ飲んで吐くのでは、水だけ飲んで吐く方が、比較したら楽だという事。

それ以降は、どうにもならなかった、水分を取ろうとして、水を飲んでも吐いてしまう、吐き気止めの薬は何種類か貰っていたが、それさえ飲めない、かなりの窮地。

そんな状態が、夜中まで続き、いつのまにか寝てしまった。

翌日、爽快とは程遠い目覚め、強い吐き気は収まっていたので、一先ず、薬を飲む、水分も取らなくてはと思うのだど、昨日のトラウマが駆け巡り怖くて水もあまり飲めない、ダルクて起き上がることも出来ずに、そのまま、ウトウトと眠り続けた。
昼になって、夫がおかゆを作ってくれたので、恐る恐る食べてみる、何か食べない事には前に進めない、胃のむかつきはあったが、絶食丸一日過ぎのおかゆは、どうやら胃に収まった。
そのまま、夜まで布団から起き上がる事も出来ずに過ごした。

そして化療から2日目の日曜日、前回なら楽しく出掛けてランチを食べていたこの日も、朝から不調続き、昨日よりは確かに、楽だ、毎日少しずつ楽にはなっているでも、辛い・・・
この日も、午後の3時過ぎまで布団の中で過ごした。d0098762_11562919.gif

結局、今までで一番辛かったような気がする、まじめに今回で化療を打ち切ろうとまで考えた(っていうか今も迷っているやっぱりヘタレな私)・・・これが後3回も続くのかと思うと、お先真っ暗・・・
絶対に6回じゃなきゃダメなのかな?3回じゃ効き目がないのかな?・・・・・

これから、また1週間が過ぎ2週間が過ぎて体調も気力も復調すれば、乗り切れるハードルだとは分かっていても、今はダメ・・・こんなにダメな自分は嫌になる、皆が同じように頑張っているのも充分承知しているのに、今はかなり弱気・・・

なんで、こんなに違うのだろう、入院と通院の違い?やる事は一緒そんなに違いがあるとは思えない、前回と只ひとつ違っていたのは、前回は点滴のすぐ後に、これから来るだろう吐き気に備えて、今のうちとシャワーを浴びた事・・・もしかしてこれが重要!!!

なんにしても案外と早い3週間、間にノイトロジンを3日うちにいったりしてると直ぐにやってくる、次は2月9日の予定、次回はシャワーも取り入れてみよう。

それにしても不思議なのは会社員としての習慣、昨日まであんなにダルクて吐き気もあって、布団に寝たきりだったのに、今朝はいつもと同じ時間に起きて、支度をして会社に向かう、決して体調が良いわけではないのに、体が勝手に動く・・・会社勤めの悲しさよ。

後は気力で今週乗り切るのみ!仕事サボって記事アップしてないで、仕事しようっと。
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-01-22 12:30 | 化学療法について

FEC 3クールです

d0098762_20523299.jpg

なんだか、この間2回目が終わったばかりのような気がしてなりませんが、もう3週間たちました、明日はFECの3クール目です。
今回は始めての外来での点滴となります、以前ノイトロジンをうちに行った時に、頂いた手編みの帽子を被って行こうと思っています。
前回は、食事抜きと、早めの水分補給が功を奏したのか、胃の調子は良くなかったのですが強い吐き気はありませんでした、今回もこの手で行きますd0098762_211261.gif

明日でやっと半分、まだまだ道のりは長そうです、明日のことを考えると、なんとなく気が滅入ってしまいますが、今日は早めに寝て明日へ備えます。
d0098762_2155172.gif
早く化学療法が終わって髪の毛が生えますように・・・
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-01-18 21:08 | 化学療法について

帰ってまいりました

d0098762_17303817.jpg

今回も、前回とメニューは同じです、時間も同じ10時に開始

1.カイトリル注+デカドロン注+生食注 50ml 吐き気予防 (15分)
2.ファルモルビシン注 140mg+生食注 50ml 抗癌剤 (30分)
3.エンドキサン注 720mg+5%ブドウ糖注 250ml 抗癌剤 (1時間)
4・5-FU注 700mg+生食注 50ml 抗癌剤 (10分)
5.生理食塩液 50ml 点滴回路の洗い流し (10分)

やはり、終わったのは1時でした、今回はよつばさんを見習ってお昼ごはんを抜き、大丈夫なうちに水分を取っておこうと思って、セッセと水を飲む、前回急に吐き気が来たのが、3時半そのときをジッと待つ・・・多少の胃のむかつきはあるものの、吐き気は来ない、まだ早いのかな?と思いつつ、緊張しながらそのときを待つ。
しかし4時を過ぎても5時を過ぎても、ムカムカしてても吐き気は来ない、そのうち夕飯の時間になり、食事が運ばれてきた、食欲も無いし、食べるのも怖いので、また抜く、結局一度も吐くことも無く、眠りについた。
朝、おそるおそる、ご飯を3口程食べてみた、大丈夫そうだけど、そこで止めとく、前回の副作用がかなりのトラウマになっているようだ。
d0098762_17524035.gif
とにかく、今回はかなり楽に乗り切れるコツをつかんだようです、心配をして頂いた皆様ありがとうございました。

嘘のような話なんだけど、私の腫瘍内科の担当医が赤塚不二夫から、若いDrに変わった。d0098762_184675.gif1月からの化療を金曜日にしてもらった為で、金曜日の担当が、今回のDrなのだが、なんと!唐沢寿明に似ている・・・・ふっふっふっふっふ・・・羨ましいでしょう(ちょっと背が低いのが難点)

マメな先生で、入院中に1日3回も顔を出してくれる、体調も悪く無かったので、思い切って、今まで心にひっかっかたまま聞けずにいた、化学療法について、思い切って尋ねてみた。。
私の病理結果は以前にも書いたが、ステージはⅠで、その他の結果も核異型度がグレード2以外はすべてマイナスだ。
その病理結果に対して、何故FECなのか、若干弱めにはなるがもっと副作が用少ない、経口の抗癌剤もある、エストロゲンレセプター、プロゲステロンレセピターも+3の為、化学療法を省いて、ホルモン療法のみだって良いのじゃないか?
標準療法である、FECが何故、私に必要なのか理解出来ないままに、始まった抗癌剤治療、いまだに私の心の中は晴れていない。
先生は、ゆっくりと私がグレード2である限り、中リスクとなり、ここでの標準治療はFECとなる事。
やはり再発した、癌の根治はかなり難しい為、この治療が、苦しくても、受けること勧めたこと。
標準治療は病院ごとによって違う為、色々な選択肢があるように思われるし癌治療にはっきりとした答は無い、しかし、今自分達はこの治療が最善だと思っていること、納得いかないまま治療を続けているのだったら、いつ治療を打ち切っても構わないが、今出来うる限りの最高の治療を受けているんだという自身を持って欲しい・・・
d0098762_844942.gif
私の今回のベッドは窓際だった、夕日を背に受けつつ、一つ一つ言葉を選びながら、静かに語りかける唐沢先生、その一言一言を聞き漏らすまいと熱心に耳を傾ける、病床の私・・・
そうです、ドラマです、ドラマのシュチュエーション以外の何物でもないその光景
d0098762_1954522.gif涙が出そうになった、先生は私の為を思って最善の治療をしてくれている、、吐き気や、脱毛などの目先の副作用に惑わされていた自分を恥ずかしく思った。
先生、頑張ります、これからも宜しくお願いします。
私の心の霞が晴れた。
[PR]
by yuki_yukimin | 2006-12-29 19:07 | 化学療法について

脱毛について

d0098762_23123983.jpg

医者からはきっちり2週間後に始まると宣言された、ウイッグをお願いした美容師さんからは、脱毛の前には、頭皮がチクチク痛むそうですよと教えられた。
初めての化療は12月8日、きっかり2週間たった。
その日の為に、既に3週間前から、自毛をベリーショートにしてウイッグ生活、抜け始めた時用にナイトキャップも勧められるまま用意した、準備は万端整っている、後はその時が来るのを、待つだけ・・・そう、覚悟は出来ているつもりだった・・・

昨日は朝から頭皮がチクチクんだ、何気なく手を伸ばし、髪を軽く摘まむ、すると驚く程の量の髪の毛が2本の指の間にあった。

とうとう来たのか・・・試しに何箇所かの髪の毛を摘まむ、力を入れずとも、激しい量の髪の毛が捕まれてくる、覚悟なんか全然出来ていなかった、私は呆然とした。

とにかく、夫にも子供達にも見せたくない、ナイトキャップを取り出し目深に被る。

勝負は、入浴時だと心に決めた。

家族が全員がお風呂に入り終えたのを見計らい、いつもの様に 「ママが入るから、絶対に誰も入ってこないでね」と一応声を掛ける、手術後からの習慣だ、傷跡も誰にも見せていない。

まず頭を洗ってみた、シャンプーの泡の仲には、目だった抜け毛は無さそうだったが・・・髪を流し始めて愕然とした、いくら流しても、流しても、身体を伝い落ちる湯と共に大量の髪の毛が流れ落ちて行く、尋常な量では無い、焦った・・・あわてて手櫛で髪をすいてみる、手のひらが真っ黒になる程の髪が一度に抜けた。

どうしようもなかった、私は髪を流し続けた、そうする他考えつかなかった、暫くして夫が心配になったのか、ドアの前から声を掛けてきた。

 夫 「ママ、どうしたの、髪抜けてるの?、もう良いから気にしないで上がっておいでよ」

夫は私の抜け毛に気づいていた。

 私 「出られないよ、髪の毛が抜けるの全然止まらないんだもん」

そう言った途端に涙が溢れた。

 夫 「大丈夫だから、薬が効いてる証拠だよ、また生えて来るんだし、誰も気にしたりしないから、出ておいでよ」
 私 「このままじゃダメだよ、どんどん抜けて来ちゃう、出られる訳ないじゃん、良いから、ほっといて、向こうに行って」
 夫 「分かったから、気が済んだら出ておいで、片付けるのは、僕がするから、何もしなくていいから、そのままでておいでね」

夫が部屋に帰って行った、涙が止まらない、もう誰に聞こえても良い。
風呂場で大声で泣いた、風呂場で歌うとエコーが効いて、下手な歌も上手く聞こえるらしい、私の泣き声もエコーが効いて、きっと家中に響き渡っていることだろう。

30分程、泣きながら髪をひたすら流し続けた、風呂場にある鏡に映る姿は既に自分の物とは思えなかった。

泣き疲れて、お風呂を出た、濡れたままの頭にナイトキャップを被り、バスタオルを巻いたまま、部屋まで急ぐ、誰とも何も話したくなかった。
夫が黙って私が出た後のお風呂を片付け始めた、その後をチビが追いかけて行く。

 チビ 「パパ、ママどうしたの、またどこか痛いの?」
 夫 「違うよ、ママは薬が効いてきて髪の毛が抜けてきちゃたんだよ、だけどそれは良いことなんだ、でもママは女の人だから、髪の毛が抜けちゃうのが悲しいんだよ」

私は急いで頭と身体を拭きパジャマとナイトキャップを被り、何事も無かったように、取り繕った、暫くしてチビが来た

 チビ 「ママ大丈夫?」
 私 「全然大丈夫だよ、あたりまえじゃん」
 チビ 「僕、ママが大好きだからね」d0098762_034811.gif
それだけ言うと部屋を出て行った、お願いだよ、これ以上そんな言葉で母を泣かせないで・・・

写真は、昨日病院で頂いた帽子に、500円で売ってたポニーテール用の輪になったゴムつきウイッグを買ってきて、ネチネチとゴムを取り外して一枚のウイッグにし、後ろ髪の位置にそれを縫いつけて見ました、まぁまぁの出来かな?近所の買い物位はこれで済ませられそうです。
[PR]
by yuki_yukimin | 2006-12-23 23:00 | 化学療法について