乳癌の闘病記です,一言で良いですコメント、よろしくね


by yuki_yukimin

カテゴリ:家族について( 12 )

私の居場所

d0098762_20301919.jpg

我が家で私が分担している家事は殆ど無い、元々共働きで、手際の悪い私の家事を、夫はよくフォローしてくれていた、しかし私の病気が発覚してから夫は、完全なる「主夫(婦)」へと変貌を遂げた。
私の仕事は朝起きて、高校生の兄ちゃんのお弁当を作る、適当な朝ごはんを作ってチビに食べさせる、定時で帰れば夕飯を作るの3っつだけ。
後は食事の片付けも、掃除も、洗濯も、洗い物も、ゴミ捨ても何も無い、エプロンを掛けてかいがいしく動き回る夫と、夫に指示された息子達によってそれらは全てみごとに消化されて行く、私はそれを横目で見ながら、炬燵でテレビ鑑賞。
夫いわく 「ママの仕事は身体を休める事と、何でも薬だと思って食べること!」なのだそうだ。
今も巨体を折り曲げて、チョコマカと洗濯物をたたむと、息子達を呼び、各々に手渡して片付けさせる、なかなかの連携プレーである。
きっと私が居なくても、我が家は安泰、きっちり回っていくわ・・・なんて馬鹿な事を考えてはダメ
「パパよそして子供達よありがとう、母は立派なフォアグラのダックになります」
とは言っても、定年を迎え、自分の家に居場所の無くなったオヤジの気持ちがチョッとだけ分かる。
[PR]
by yuki_yukimin | 2006-12-14 20:53 | 家族について

「ノロイ」

d0098762_21132757.jpg

ジェネレーションギャップを感じるかも知れないけれど「ガンバの冒険」1975年、春から日テレで放映していたアニメです、ご存知の方もいらっしゃるのでは?
そこで、この写真を良く見て欲しい、そうです、ま・さ・に・「ノロイ」・・・・・残虐非道な白イタチのノロイがここに居る。
我が家の家族の一員である、猫の「レン」、度々登場しているので、お見知りおきの方も多いかと。
雑種・ブルーの瞳・メス2歳、なかなかの美人さんである(飼い主の欲目?)
しかし、このレン、とにかく気が強い、そもそも猫は家族の中での自分のポジションをわきまえていると言う。
ご飯をあげたり、身の回りの世話(トイレ等)をしてくれる、私と兄ちゃんは自分より上。
あまり姿は見えないけれど、遅くに帰って来て、たまに遊んでくれる夫は同等?
ここまで来てこの「お猫様」、自分と同等、もしくは上の者ばかりじゃ、猫としての威厳が保てないと考えた。そこで、ライバル登場、小学生のチビに白羽の矢を立てた。
かくして始まる、ガンバとノロイの生死をかけたバトルを上回る我が家のバトル。
とにかくチビが脇を通り抜けようとしただけで、攻撃対象にロックオン、一度など、チビが炬燵に足を入れた途端「イタイ!」の叫び声とともに血の滴る両足を抜き出し、半べそかいていたっけ。

チビを狙うこの二足歩行のファイティングポーズ、獰猛な顔つきまさしく「ノロイ」の復活である。
そして2人のバトルは今日も続く、チビよ負けるな、ガンバも決して挫けなかった。
[PR]
by yuki_yukimin | 2006-12-11 21:44 | 家族について