「ほっ」と。キャンペーン

乳癌の闘病記です,一言で良いですコメント、よろしくね


by yuki_yukimin

経過観察

d0098762_1395265.jpg

5月8日、昨日は連休明けそうそうに、半年検診だった。
婦人科検診から始まって、腫瘍内科、心療内科、エコー、外科検診と盛沢山のメニュー・・・
婦人科検診は、言わずと知れた、子宮癌の検診、そうあの痛いと噂の。
先生も「二つ検査をするんだけどね~片方はチョット痛いんだよね~、まぁ出来るだけ痛くないようにするけど」
婦人科の、主治医はどうやらノリが軽いようだ、さて実際検査は、あっという間に終わってしまった、痛くも何とも無い、相変わらずの鈍さ、多分これから検査なのかと思ったら、「はい、終わりましたよ~」と先生、そそくさと着替えて診察室に戻ると、「まぁ、何とも無いと思うけど、一応検査結果は25日ね~」

午前中は腫瘍内科まで腫瘍内科の主治医とは今日でお別れ、私の主治医はまた外科のMr.オクレに戻る、クヨクヨナ悩んでばかりいて、腫瘍内科の院内唯一のイケメン先生には随分と迷惑を掛けたから名残惜しいけど、出来れば、もうここでの受診は無いようにとそっと願う。
d0098762_1493619.gif
午後から心療内科へ、とにかく待ち時間が長い!この日の為に新しいゲームソフトを購入しておいてシミジミ良かった、待ち時間はひたすらゲームに没頭。
時間通りに始まったのはエコーだけ、最後の外科も随分と待たされた。

Mr.オクレ 「○○さん、お待たせしました、どうぞお入り下さい」

久しぶりの外科外来、チョット緊張

Mr.オクレ 「はい、ではそこに座って」

Mr.オクレの前には先ほど撮ったばかりのエコーが数枚貼られている

Mr.オクレ「先ほど撮ったエコーですが、右側のしこりは変化無し、一応経過観察ですね、それから、術側に幾つか黒い影が見えますが多分、脂肪の塊でしょう、温存の場合は周りから脂肪を寄せ集めて形成するので、脂肪の塊が出来る人も多いんです」

私 「再発とかじゃ無いんですよね?」

Mr.オクレ 「100%白と言えるのは、取り出して、細胞を調べて見ない限り分からないんです、でもこんなミリ単位の影に、いちいち生検はしていられないでしょう、まず問題は無いと思われますが絶対とは言い切れないんですよ」

相変わらず、Mr.オクレは顔に似合わず慎重で、軽々しく「大丈夫ですよ」なんて絶対言ってくれない、その一言があったら、どんなに気持ちが楽になるだろう・・・いくら欲しくても絶対に手に入らない一言・・・d0098762_1483657.gif

その後2度目のゾラをうってもらう、相変わらず痛くないが、痛いかと少しは心配になったのか

Mr.オクレ 「大丈夫ですか?」

私 「はい、注射でも検査でもあまり痛みを感じないんです」

Mr.オクレ 「それは、とても良いことですね、ラッキーですよ」

一先ず、エコーに写った影も経過観察となった、まずは放射線治療までの一連の治療を終えてから、再度エコーを撮る事となった。

経過観察づくめの釈然としない結果のまま、1日掛かりの半年検診は終わった、朝10時に入って終わったのは結局5時半近かった。

疲れた・・・また弱気になってしまいそうな気持ちを奮い立たせなくては、多分脂肪の塊だよね、とにかく答の出ない物に、惑わされていても仕方がないよね、11日金曜日から、放射線治療も始まる、今はそのことに専念しよう。

写真は現在の私の後頭部です、不思議と真ん中のところだけ、真ん丸くチョットフサフサ♪
[PR]
by yuki_yukimin | 2007-05-09 14:23 | 病気について