「ほっ」と。キャンペーン

乳癌の闘病記です,一言で良いですコメント、よろしくね


by yuki_yukimin

9月13日(心療内科)

d0098762_22214974.jpg

今日も夫と共に診療内科の受診に向かう、最近はどこに行くにも(家の中でさえ)黒子のように、私の後をついてくる夫、フラフラと歩く姿が危なっかしくって見ていられないらしい。
今日は10時に予約をとってあったが、結局名前を呼ばれるまで、1時間半待たされた。

診療内科のDr は私のイメージとは大違いの、藤田朋子似の若い女医さんだった、ちなみに私のイメージとは、温厚で誠実そうな、中年から初老のおじ様Dr どんな話でもじっと耳を傾け、適切なアドバイスを返してくれるというものだ。

 Dr 「随分と今回のご病気で、毎日緊張をされているようですね」 

おっとりとした、丁寧な口調に、途端に涙が出てきた。

 私 「怖いんです、毎日怖くて仕方が無いんです」

それから私は、亡くなった叔母の事、しこりを見つけてから今日までの心境を一気に泣きながら語った。

 私 「誰も大丈夫だって、心配無いって言ってくれません(涙)」

私の話をじっと聞いていたDr 藤田朋子似は
 
 Dr 「そうですね、今の緊張状態が続いたお気持ちを、お薬で抑えることが出来ますから、安定剤と、睡眠もあまり取れていないようですね、睡眠誘発剤も出しておきましょう、暫くして、様子を見てから、お薬は調整して行きましょうね」

と言うと、カタカタと薬の処方箋を打ち出した、私は少しあっけに取られていた。
適切なアドバイスも、力強い励ましも無く、診察は処方箋を手にしただけで、10分と掛からなかった。

 Dr 「それではお大事に」 Dr 藤田朋子似はにっこり笑った

病院からの帰りに夫に誘われて、食欲は無かったが、ファミレスで昼食を摂った。早速、食後に生まれ初めての安定剤を飲んでみた。
今まで張り詰めていた緊張の糸がきれた瞬間だった、5分もしない内に、頭の中に霞がかかり、夫の声が遥か彼方から聞こえてくる。
そのまま家に帰ると布団に潜り込み、久しぶりに5時間の爆睡、Dr藤田朋子似、なかなか侮れない存在かもしれない。

本日の請求額 診療内科 1,440円
          薬代      860円
[PR]
by yuki_yukimin | 2006-09-13 10:00 | 病気について