乳癌の闘病記です,一言で良いですコメント、よろしくね


by yuki_yukimin

8月26日 (嫌な予感)

d0098762_1013639.jpg

子供たちの夏休みも終わりに近づき、やっと一息。
普段仕事をしている私は、子供たちの休みには毎朝、お昼ご飯用のお弁当を作らなければいけない。
子供思いのマメな母にしてみれば、「そんなの当たり前、たいした事じゃ無いでしょう」と言われそうだが、どちらかと言えば、あまりマメな部類に入らない私にとっては、面倒な事なのだ。
いえいえ、愛情が劣るとかそんな事では決して無く、ただ愛情は私にとって家事の動機にならないだけの話(何か言い訳くさいです)

今日は土曜日、前日から主人は北海道へ出張、高校2年になる上の兄ちゃんは、中学時代の部活仲間と朝から出掛け、夕飯まで要らないらしい、下の小学5年生のチビは友達のお母さんに麻布のお祭りに連れていってもらい、そのままお泊り。

そう私は今自由なのだぁ、朝からゴロゴロしながら誰の目を気にすることも無く、最近購入したゲームに没頭、日が落ちると早々とビール片手に夕飯はカップ麺とご満悦、そんな自堕落な幸福を満喫していた。

ビールが進むと自然の摂理、当然トイレも近くなる、ほろ酔いかげんで何度目かのトイレに立った時、ふと左胸に触れるものを感じた。

コレハナニ・・・・・・

今思えばこれが全てのはじまり、急速に酔いが醒めていった・・・
[PR]
by yuki_yukimin | 2006-08-26 10:11 | 病気について